Early Riser 02

デジモンアドベンチャー(無印&02)の感想や自分用のメモ

『憧憬』完結しました

 ああ~、ヤレヤレ、やっとで公開しちゃったぴ~。『憧憬』全5回の最終回が、最後に手間取ってしまい、予定より遅れてのアップになっちまった。本当は先週末にアップしたかったのに。最後の最後でふと、文章に追加や改変を思い付いてしまって、それを色々やってたらなかなか終わらなかった。今でもまだ「これでいいかな~? ちょっと間を置いて読み直したら、やっぱり変えたくなるんじゃないかな~?」という疑念は残っているものの、いつまでもチマチマ変えてたら切りがないので、決意してアップ。これで本当にデジ関係のSSは終わりのはず。これからは真面目な生活に戻れるぞーーー!と決意したはずなんだけど、最近は別ジャンルの妄想に走ってて……ダメダメな俺……○| ̄|_

『憧憬』始めました

 タケ賢の中編小説、第1回目をアップ! 全部で5回の予定だけど、これを最後までアップし終えたら、今度こそっ、真面目な生活に戻ろうではないのっ! 大体できているんだけど、まだちょっと納得できない所があって検討中なのよね、特に最後の方が。

 これは昔、大賢みたいにゆっくり長々した小説にするつもりで見切り発車したものの、段々誰を書いているのか分からなくなってきて、途中で途切れていたものです。今回最後を書き加えて無理矢理完結させる事にしました。二次って、元キャラを感じられなくなってくると何か冷めるよね。だから、随所に元ネタを入れなきゃ―と思うんだけど、02のタケルのキャラって割と難しいんだよ。だから書く人によって感じが全然違ってくると思う。ちなみにウチのタケルはB型のつっこみキャラで、マイペースのガイジンっぽいかもです。

 とにかく、再び最後に向けて頑張るぞーーーw

タケ賢行きます~

 数日前になるけれど、タケ賢の読み切り短編『授業中』をアップしました。これは4章から成る短編で、2章ずつ2回に分けてアップしてみたんだけど、作品を途中で切って後で更新しても、続きを載せたよって事が読者様に伝わらないという事が分かった。(^^;) いつも、作品をアップしたらすぐに開いてくれる方がいるんだけど、新着作品に載ったり何等かのお知らせがいったりするんだろうなぁ。

 最後に残るはタケ賢の中編で、どんな風にアップしていこうか考えていたんだけど、文字数が余りにも多いと読者様も読む気が萎えるかもしれないので、やっぱり程よい字数で幾つかに分けて公開する方がいいだろう…と決める。よし、今度こそ、これで最後だ!(最初は大賢の長編で最後だと思ってたんだけどね…(^^;))追い込みかけるぜーっ! 

短編小説をアップ

 今日は『ラーメン対決、大輔とカイザー!』をアップしました。あれあれえ~? 長編小説がコンプしたら、まともな生活に戻るんじゃなかったのかい、アタシ?(^o^;)

 いやいや、長編が終わったから、昔の趣味サイトのファイルのバックアップと整理をしようと思って、中身を開いて見ていたら結構面白かったもんで……。またまた手直しを始めてしまいましたのさ。あーーーっ、いつになったら終わるのだ、この不健康なワープロ生活はっ?! 早く終らせて健全な生活に戻りたいので、原稿の推敲、頑張りますっ(頑張らなくても、やめりゃいいのに……(^o^;))まだ数本、それと中編が残ってますよーーっ!!

小説『パートナー』完結しました!

 数日前に『再会』を、先ほど『25年後』をアップして、去年の末から続けてきた長編小説『パートナー』が完結しました! ヤレヤレ、長かったわ~。これでやっとまともな生活に戻れるかと……(^^;) てか、ちゃんと家のお仕事をしなさいよ!って話でして……。去年から片づけが途中で放置されているのよ~。

 でも終えられて嬉しい。最後の方は話が切ない系に進んでいってたので、ワープロしながらもハートがキュンキュンして、とっても苦しかったの~(笑)。やっとで立ち直れますわ。でも純愛って悲劇で終わる方が良いような気がするのよね。

 この先のスピンオフ小説として、大輔、賢、タケル、京、大輔の奥さんを交えてのドロドロ昼ドラ不倫劇……なーんてのをやったら面白いかもしれないけど、そんな元気はないと思います。はい。それに折角の純愛ストーリーを台無しにしてはいけない(笑)。

 賢たん、大輔、タケル――今まで私に活力を与えてくれてありがとう!

『大輔』と『賢』をアップしました

 最終章の始まりです。一昨日『大輔』をアップし、さっき『賢』をアップしました。もう残りわずかでありますので、快調に飛ばしております! 

『大輔』の回では逆ギレしているタケルが自分ではちょっと気に入ってます。そして賢は、やっぱりデジタルワールドへの逃避癖があったのでした。『賢』にはR-18のタグをつけるかどうか迷ったのですが、ま、いいか……って、ちょっと緩めに判断しちゃった~。残りもうちょい。頑張るじょ~w

『別れ』アップしました

 これは一番自信がない回で、あれこれ書き換えてみたんですけど、推敲するのももう切りが無いので、諦めてアップしました。何回も読んで頭が固まってしまってるから、しばらく間を置いて頭を冷やさないと客観的になれませんわ。もっと自然で良い流れがあったかもしれなんだけど、整合性を保ちつつ、自分の思う方向に話しを進めるって難しいね~(笑)ま、とりあえず、これで次からは最終章です。カウントダウンは既に始まっているので、どんどんいくぞーーっ!

『遠く離れて』アップしました

 それと、前回書き忘れていましたが、『ニューヨーク』の①と②、そしてお預けになっていた4.3話『密やかなひと時』も先週アップしました。よしよし順調。

 ニューヨーク編はオリキャラの登場が多いので、読んでて余り面白くないだろうな~と思い、続けてさっさとアップしました。

 『密やかなひと時』は18禁で、出だしは力が入っていたものの後半、えぐいのとか汚いのはやっぱちょっとね~と思ったら、話が微妙にそれたと言うか、尻すぼみだったかもしれませんが、すみません(^^;) だって純愛系の雰囲気を保って、なるべくキラキラと美しい感じにしたかったんだもん! だからそれに必要な準備とか後始末とか、そーゆーリアルな描写はカットするでいいのです。ちなみに大輔はちゃんとつけてる設定です(笑)。

 『遠く離れて』は、大輔にしてはおっとりし過ぎてる雰囲気かもしれないけど、ま、気にしないでー。見ると、投稿日が8月1日でした。おお、これはデジアドの記念日ではないか!とつい思ってしまいましたわ。8月1日に最終回を持ってこれれば良かったな~。ま、私は02ファンなので、8/1にそれほどこだわりはないのだけど。

 

 

デジアドtri. 第4章感想

 デジアドtri.の第4章を見た。第3章まで見たのはもう半年以上前なので、それまでのお話しはうろ覚えだったけど、取りあえず見てれば思い出すかな、と思ってポッと見始めた。2回目に観ながらの独り言をここに記す。ネタバレ注意。全て個人的な感想で、私は事前の情報収集は何もしておらず、予告編さえ見てないまま本編を見た。ゲームも一切知りません。

【以下より、ネタバレ注意!】

 最初に、それまでのあらすじが文章でスクロールされたので、ああ~そう言えばこんな感じだったなと思い出した。助かった。姫川さんと西島先生って昔選ばれし子供だったんだ。そんな設定あったっけ?…よく覚えていない。白黒の無声映画風の回想シーン、長いな……。長すぎてちょっとダレる。

 やっとで無印の6人が出てきたぞ。相変わらずみんな可愛くない。ミミちゃんでさえ可愛くない。キャラの顔が暗くてど~もイラっとする。タケルが出ると嬉しくなるけど、それでもやっぱり可愛くない。デジモン達の作画に所々黒くて太い輪郭線が入るのが、ど~も気になる。不自然に他から浮いている。そこに変に気を取られてしまうので、これはいただけない。

 光子郎がウーロン茶について熱く語る。他のみんなは誰も聞いていないのに、光子郎が一人でウンチクをべらべら語り続けるというネタは前にもあった。また使うか……もういいだろ、一回で。太一がどうもパッとしない。キャラの顔がアップになると、絵に対するがっかり感が激しくなる。唯一タケルが出て来るとテンションが上がる。でもタケルの髪の色ってこんなんだったっけ?

 空、リブートすればデジモンの記憶は全て消えるという事は分かってて、覚悟してリブートしたのではなかったのか? ピヨモンが冷たくて意味不明。空に踏まれたのを怒っているのか、元々こんな性格だったのか? タケルの一番はヤマト発言。制作側、タケヤマ設定だったのか! それに空とヤマトが付き合ってる風(映画だったかな)なのはどうなった? tri.では、空は太一とヤマト二人のものという設定らしい。しかし、なんかちょっとかったるい。空は自分とピヨモンがうまくいっていないので、太一をヤマトに八つ当たりしてるだけ、って感じに見えるが。

 突然無限ドラモンが出てきて、かったるかった話にやっとで何か始まりはじめた!と思ったものの、何故突然そうなったのか分からない。そして訳が分からないまま終わってしまった。西島先生が子供っぽく見えるのをどうにかして欲しい。太一達より年上なんだから、もっと大人ぽくカッコよくして欲しい。仮にもキーパーソンなのだから。

 空の涙とピヨモンのシーンが「え、これだけ?」って、突然切れてメイコちゃんを発見している。なんかカットの仕方が悪いなぁ。退屈でいらないシーンが間延びしてて、もっと欲しい重要なシーンが突然切れたりしてない? なんかシーンがぶつ切りなんだよ。そして皆は何故が助かり、都合よくバラバラにされている。お陰で話しがよく繋がらない。全然成長がない、いじけメイク―モンのカットが頻繁すぎてイラっとくる。

 ハックモン?が出てきて何か説明しているが、分かるような分からないような。動画数が少ないぞー。メイコとメイク―モンが両方とも「メイ」なので分かり辛くてしょうがない。え?一乗寺君ですか、これ? 第4章にしてやっとで一乗寺君登場?ってか、一乗寺君が一番カッコ良いような気がするんですけど! てか、一乗寺君に気を取られて、今何が起こったのか全然分からなかった! あああ……一瞬期待したものの、やっぱり一乗寺君ではなかった。てか、何故舐める?! それ、ここで必要ですかっ?

 金髪の後ろ姿が出てきたとき、ヤマトなのかタケルなのか一瞬分からないんですけど。プロットモン、すごい強いじゃん。なんかシーンがやっぱり細切れすぎる。あれ、なんで太一達は突然水の中にいるんだっけ? あ~そう言えば、なんか船の上にいたんだっけ? ここでまた突然切れるので益々分からなくなる。横顔がなんか変~。なんでこんなに鼻の下が長いんだろう? 横顔と正面顔が対応しないよ~。太一とヤマトが突然水の底にいる。何故こうなったのかよく分からん。と思っている内に、あらあら進化しちゃったよ~。進化につなげるまでの盛り上がりがなかったなぁ。突然進化しちゃった感じ? プロットモンも進化した。進化CGで白い円の所が長すぎて間延びしている。退化する時のパカンという効果音、これはポケモンじゃないのかなぁ~? ゲームではこうなってんの?

 ここで突然敵が現れる。何故? 安直で都合が良すぎる展開だ。岩壁に叩きつけられる空。いやいや、あんなんされたらもう生きてないでしょ? 死んでるでしょ? 少なくとも重症を負ってもうしがみついてなんかいられないでしょ? まあ、ここでピヨモンを進化させたかったというのは分かるんだけど……そしてまたこの進化映像が長い。あれよあれよとホウオウモンまで究極進化。ああそうか、要するにtri.は、今までテレビや映画で動画化されていない選ばれし子供達のデジモン達の究極進化を見せたかっただけなんだ、ここで空の番だったんだ――と個人的に納得。

 メイコを壁ドンして顔に触る黒ゲンナイ(仮名)。あの~、この黒ゲンナイのエロおやじ設定っているんでしょうか? タケル君……えへっ、って、このシーンいる? ここでパタモンも進化する。ホーリーエンジェモン、羽や何やらが巻き付いてて、姿がどうなってるか全然見えない。究極進化でセラフィモンまで。始めてだ見たー。テントモンも次に続く。へラクルカブテリモンまでの究極進化は確か前回も見せたので、またやんなくてもいいんじゃあ? 頬を赤らめるタケルが可愛い(絵柄は気に入らないけど)。

 「ば~か」という空のセリフは以前の映画から来ているんだろうけど、ここでは全然共感できない。太一とヤマトが可哀そう。あ、そっか、ここで皆は合流したんだ。2回目に見直してみて、皆はそれまで3つのグループに分かれていたんだとはっきり分かった、シーンは飛ぶわ、誰と誰がどこでどうなっていたのか、何かすっごく分かりづらかった。ここで終わり、第5章に続く――。 

 見終えて、全体の感想。大輔や賢を始め、02メンバーはもう最後まで出て来ないんだという事がはっきり分かった。私が盛り上がるのはタケルのみです(涙)。そして、tri.は、私の中ではもう公式ではない。お金をかけて作られたファン作品だ。だって、やりたいシーンだけ作ってる感が半端ない。究極進化までの盛り上がり(積み重ね)とかが全然なくて、登場人物多すぎるから時間がないのかもしれないけど、だったらニ転三転させないでいいから話しをもっとシンプルにして、もう少し丁寧に、しっかり感情移入できるように作って欲しかった~(T▽T) 一応最後まで見るけれど、もう期待はしてません。

『対決』アップしました

 ひゃっほ~い!ヽ(^o^)丿 いや、今回は少々長めなのもあって、割と最後まで細かい所にちょこちょこ修正を重ねて苦労しましたよ。タケルの回は何故か自分のテンションが上がるw タケルを悪者にしない様に、注意を払ったつもりです。あの二人がやってしまったのは、二人のせいじゃないんです。誰のせいかと問われると、それは著者のせいであります(笑)。だってだって、あの二人にさせたかったんだも~ん!(爆) 願いが叶って嬉しいです(←オイッ!)